手軽な電動工具!グラインダーの使い方について

グラインダーの使用先について

身近な電動工具の中にはグラインダーと呼ばれているものがありますね。このタイプはホームセンターなどでも比較的低価格で販売されていることが多く、中には数千円で購入できるタイプもありますよね。使用先の範囲は意外と広く、例えば木材や金属類などを切断する場面でも役立ちます。金属パイプなどのカット作業では特に役立つ場面が多く、他にはヤスリがけを行う方法としても使い道があるでしょう。機能する範囲はディスクの半径、若しくは面積に影響されますが、断面を使ってカットする方法と側面を使ってサンダーとして使う方法に分けることができるでしょう。

カットする際の使い方の基本

電動工具のグラインダーをカット作業で使う場面では、ディスクを対象物に合わせることが必要でしょう。木材用や金属用、石材用などが販売されていて、断面を対象物に向けてカットを行います。薄い鉄板などでも簡単にカットすることができ、コンクリートの地面に対して溝を掘ることもできますよね。電源ボタンを押して両手で本体を支えながらカットを行う方法になり、端材などが飛び散る可能性を持っているので、特に金属のカットを行う際には専用の防護メガネなどを利用することも必要でしょう。

サンダーとして活用する基本的な作業

グラインダーは電動工具の中でもサンダーとしての機能を持っていることで、使い道の範囲が広がっています。カットだけではなくヤスリがけを行うことができ、その基本的な作業の流れでは対象物に合わせてディスクを選ぶことが必要でしょう。木材を対象にしているならば、一般的なサンドペーパータイプを選ぶことになり、ディスクの側面を使って磨き上げていく方法です。錆落としなどでも同じような動作によって活用することもでき、塗料の下塗り前の作業としても役立ちますよね。

電動工具の買取は一般的に新製品が普及すると旧型の工具の査定額が下がる傾向があります。また、類似した機能を持つ工具が広く普及するのも査定額に影響します。