男性にとってデリケートな問題!包茎の治療方法

誰にも相談できない場合病院に行く事が大切

平成の日本には割礼と言う風習がないため、密かに包茎に悩んでいる男性が数多く存在しています。包茎は男性同士でからかいの的になるだけでなく、衛生上好ましい事ではありませんからできるだけ早期に治療したいものです。包茎を治療する場合、その手術方法は多様ですから事前調査が欠かせません。例えば手術方法によって陰茎部分の見た目が露骨に変わってしまうものもあります。また皮の切除が恐ろしい場合切らずに済む手術もありますので安心です。

自分の状態に合った手術を選ぶ

男性が包茎になる原因は多様です。一般的に成長途中の男性は性器も未発達であり、その大半が包茎なのです。そうした若者は焦って包茎手術を受ける必要はありません。一方大人になっても重度の包茎に悩まされている場合、包茎手術を受ける事になります。包茎手術には多様な手術方法が存在していますが、中でも「EST式複合法包茎手術」は男性の性感を損ない辛い手術方法として知られています。包皮の先端は性的快楽を感じやすい場所であり、上記の手術はそれを考慮した上で包茎を治してくれるのです。

デリケートな問題にもこだわる

性器は女性だけでなく男性にとって自身のシンボル的なパーツであり、誰にもからかわれたくないデリケートなものです。従って包茎手術を受ける場合は術後の見た目にもこだわるようにしましょう。包茎手術の中には仕上がりが美しい事で知られている術式が存在しています。一方こうした手術は特定の病院でしか受けられない場合もありますので、注意が必要です。大手クリニックであれば全国に店舗展開しているものですから、身近な場所にクリニックがないか探してみましょう。

海外では、性器の感度に関する理由などから、皮を被ったペニスに戻すという「逆包茎手術」が流行しています。