身近にあるさまざまなLED照明とノーベル賞

LED照明の特徴とは何か

LEDは照明で使われています。昔からある白熱電球と違うのは既にご存知でしょう。ここではおさらいの意味で確認してみてください。白熱電球は正に球の形状ですが、LED電球は半分が球のようになっています。ですから持ったときに「熱い!」ということはないです。特徴は寿命が長いことです。それに使う電気代が安いということです。でもネックなのは価格が高いことです。でも寿命を考えればお得です。いまや省エネ、省電力の代表格です。

LED照明のおもな用途

LEDは青色のものが開発されましたので、蛍光塗料を必要としないものも製品化されるようになりました。ご存知のようにさまざまな色のものが開発されています。いろんな企業が参入しましたので、粗悪品もみられます。信頼できる企業の製品を購入することをお勧めします。LED照明の用途も身近にありますからおわかりですね。自転車や携帯ライトにもLED照明が使われています。また、道路交通上重要な信号機にも使われていますし、自動車にもLED照明が使われています。

ノーベル物理学賞を受賞した青色LEDの研究者

LED照明を取り上げるときはノーベル物理学賞を受賞した青色LEDについても書かなければなりません。日本の研究者3人が選ばれたことは記憶に新しいところです。日本の研究者3人とは赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さんのことです。日本人として誇りに思いましたね。発光ダイオードが青い光を放っている様子は綺麗です。東京スカイツリーでも使われていることが話題になりました。控えめな感じが日本的だという印象を持たれた方も多いのではないでしょうか。

LEDライトパネルは光源にLEDを使用しているので電力消費が少なく、節電効果が高い広告アイテムです。