意外と知らない?ふるさと納税のしくみについて

ふるさと納税のしくみ

最近テレビなどで多く取り上げられているふるさと納税ですが、お金を寄付したら豪華な品物が届くくらいにしか思っていない人もいるのではないでしょうか。そんなふるさと納税を詳しく説明致しますと、都道府県や市区町村への寄付金の制度になります。「ふるさと」と名前が入っていますが、自分の故郷とは全く関係の無い自治体にも寄付する事が可能です。特徴と致しましては、原則として一定限度額まで所得税、個人住民税から全額が免除されるという事です。

ふるさと納税のメリットって?

ふるさと納税のメリットとは、先ほども述べました通り、自分の故郷以外の自治体にも寄付をする事が出来るという事。ですので、自治体がどういったお礼や特産品を用意しているのか、そこを重点的に絞って寄付する自治体を決めることが出来ます。ですが、寄付金を確定申告しない限りは、金額は戻ってくることはありませんので気を付けましょう。何もしなくても戻ってくると勘違いしてしまいますと、そのまま寄付をしただけで終わってしまいますよ。

ふるさと納税の手続き方法

ふるさと納税をやってみようと思いましても、どうやって手続きをしたら良いのか解らないという人も多いのではないでしょうか。手続き方法は、各都道府県、市区町村によって異なりますので、事前に問い合わせをするなり、インターネットで調べて寄付の方法を確認してください。また、寄付をする前に事前に登録が必要な自治体もあります。そして、寄付をしたら必ず自治体が発行する領収書を忘れないで保管しておきましょう。確定申告で必要になりますよ。

ふるさと納税とは自治体への寄付金のことです。ふるさとという名前がありますが、自分が応援したい自治体ならどこでも可能です。金額によっては特産品のプレゼントや税金控除の優遇があります。